済生会山口総合病院

病院の概要

開設者 社会福祉法人恩賜財団済生会支部山口県済生会
病院長 城甲  啓治(出身大学  山口大学)
所在地 〒753-8517  山口市緑町2番11号
電話番号 083-901-6111(代)
FAX 083-921-0714
URL http://www.yamaguchi-saiseikai.jp/
病床数 310床(一般病床:特定集中治療室8床含む)
交通手段 JR:新山口駅より車で20分、山口駅より車で5分、湯田温泉駅より車で5分
車:小郡ICより約15分、山口ICより約15分
済生会山口総合病院

病院の特徴

 当院は、先進の高性能医療機器を備え、地域の高度急性期・専門医療を担う中核的総合病院です。また、ドクターカーの発進基地としての役割を担いつつ、医師をはじめとする病院スタッフが一丸となって救急医療に取り組み、日々昼夜を問わず救急搬送を受入れるなど、地域住民に安心感と安全な医療を常時提供できるよう万全を期しています。

診療科目

内科 神経科 整形外科 小児外科 気管食道科 放射線科
呼吸器内科 神経内科 形成外科 産婦人科 皮膚科 麻酔科
消化器内科 心療内科 美容外科 産科 泌尿器科 歯科
循環器科 アレルギー科 脳神経外科 婦人科 性病科 矯正歯科
小児科 リウマチ科 呼吸器外科 眼科 こう門科 小児歯科
精神科 外科 心臓血管外科 耳鼻いんこう科 リハビリテーション科 歯口腔外科
糖尿病・血液内科 腎臓内科 消化器外科 乳腺外科

主な設備

マルチスライスCT(80列・64列)装置、3.0T MRI装置、1.5T MRI装置、RI診断装置、リニアック、バイプレーンアンギオ装置、結石破砕装置、乳房撮影装置、骨密度測定装置、FCRシステム、透視装置、超音波内視鏡システム、下肢静脈瘤治療用半導レーザー装置、ホルミウム・ヤグレーザー装置、etc

1日平均入院患者数(平成29年度実績)

284.4名

1日平均外来患者数(平成29年度実績)

508.3名

施設認定の状況

救急告示病院、二次救急指定病院、地域医療支援病院、日本医療機能評価機構認定病院

研修データ

医師数/指導医数(平成30年7月1日現在)

常勤44名 / 35名

研修医数(平成30年7月1日現在)

1年次 7名 / 2年次 6名(うち基幹型  1年次 7名 / 2年次 5名)

専門医(認定医)制度研修施設

日本内科学会、日本循環器学会、日本呼吸器学会、日本腎臓学会,日本超音波医学会、日本外科学会、日本乳癌学会、日本整形外科学会、日本耳鼻咽喉科学会、日本泌尿器科学会、日本医学放射線学会、日本呼吸器内視鏡学会、日本麻酔科学会、呼吸器外科専門医認定機構、心臓血管外科専門医認定機構、日本皮膚科学会、日本脳神経外科学会、日本集中治療医学会

メッセージ(城甲  啓治 病院長)

城甲啓治 病院長 当院には、「地域社会に信頼され、質の高い医療を提供します」という理念があります。その原則は、患者さんに共感し、患者さんが本当に求める全人的医療を、安心、安全に提供することかと思います。ただ、医療は日進月歩であり、求められる「質の高い医療」も刻々と変化します。新しい高度の技術や機器は導入することは可能であっても、使うのは人であり、人は病院で育成するしかありません。ことに臨床研修は「On the job training」を基本としており、チーム医療の1スタッフとして実践研修をして頂きます。したがって、プログラムや指導医の善し悪しだけではなく、周りのスタッフの雰囲気といいますか、コメディカルを含めた人材育成の土壌、文化といったものがより重要です。その点、当院は中規模の急性期病院であり、いつも変化を求め、生涯教育に対しても柔軟に対応できる病院です。皆さんが有意義な研修生活をおくって頂けるよう、病院全体でその準備を整えております。
なお、山口市は、自然豊かな美しい文化都市であり、文化情報芸術センター、美術館、図書館など多数の県立の施設を有し、様々な文化活動が行われています。生活を楽しみ、そして医師として必要な豊かな素養を身につける事が出来るでしょう。

(更新日 2018年8月1日)