どうなる地域医療?医療現場の実態に迫る!(県民公開講座)の開催

医師不足,医療過誤,過重労働 世界一と評価される日本医療は,どこへ向かうのか?医療現場の現状と今後の展望について考える県民公開講座が9月28日に開催されます。

【開催日時】 2008年9月28日(日曜日)  13:00~16:00
【開催場所】 山口市民会館大ホール
【入場料】 無料( ただし入場整理券が必要 )
※入場整理券の申し込み
往復ハガキに住所、お名前、年齢、電話番号、希望枚数を書いて
〒745-8686  山口放送  県民公開講座  係
【プログラム】 13:00~14:00
基調講演「命があぶない 医療があぶない」
鎌田  實  <諏訪中央病院名誉院長>
14:15~16:00
シンポジウム「どうなる地域医療?医療現場の実態に迫る!」
[ パネリスト ]

鎌田  實  <諏訪中央病院名誉院長>
沖田  極  <社会保険下関厚生病院病院長>
黒川  典枝  <山口労災病院消化器科部長>
吉村  喜代子  <山口県看護協会>
木下  敬介  <山口県医師会会長>
[ 司会 ] 中谷  隆宏  <KRY山口放送アナウンサー>
【主催】 県民の健康と医療を考える会
【共催】 KRY山口放送
【お問い合せ】 県民の健康と医療を考える会事務局  TEL:083-922-2510