下関市立豊田中央病院

病院の概要

開設者 下関市長 前田 晋太郎
病院長 吉富 崇浩(出身大学 自治医科大学)
所在地 〒750-0424
下関市豊田町大字矢田365番地1
電話番号 083-766-1012
FAX 083-766-1439
URL http://www.city.shimonoseki.yamaguchi.jp/
toyotabyoin/index.html
病床数 71床(うち一般病床60床(療養病床11床は休床))
交通手段 中国自動車道
小月ICより車で20分 美祢ICより車で20分
下関市立豊田中央病院

病院の特徴

 下関市の北部で、北は長門市、東は美祢市に接する典型的な中山間、へき地に位置します。さらに旧豊田町の殿居、旧豊北町の角島の2診療所を管轄しており、この地域で数少ない複数科を有する病院です。常勤医師は現在、内科4名、眼科1名で病院及び診療所の診療を行っています。国保直診病院の趣旨である地域住民の保健・医療・福祉の連携を進めており、地域包括ケアの実現を目指し、日々努力いたしております。また、眼科設備は充実しており、県内でも有数の施設であり、下関市以外(医療圏外)からも数多くの患者様が来院され、治療を行っています。

診療科目

内科 神経科 整形外科 小児外科 気管食道科 放射線科
呼吸器内科 神経内科 形成外科 産婦人科 皮膚科 麻酔科
消化器内科 心療内科 美容外科 産科 泌尿器科 歯科
循環器内科 アレルギー科 脳神経外科 婦人科 性病科 矯正歯科
小児科 リウマチ科 呼吸器外科 眼科 こう門科 小児歯科
精神科 外科 心臓血管外科 耳鼻いんこう科 リハビリテーション科 歯口腔外科

主な設備

CT、オープン型MRI、電子カルテ、ベリス(網膜機能解析装置)やHRT-II(共焦点レーザー顕微鏡)等眼科設備は特に充実しています。

1日平均入院患者数(平成29年度実績)

42.9名

1日平均外来患者数(平成29年度実績)

107.4名

施設認定の状況

救急告示病院

研修データ

医師数/指導医数(平成30年4月1日現在)

常勤5名(診療所含む) / 1名

専門医(認定医)制度研修施設

日本眼科学会
総合診療専門医専門研修連携施設(山口大学附属病院・山口県立総合医療センター・下関医療センター)

メッセージ(吉富 崇浩 病院長)

吉富 崇浩 病院長 現在の常勤医は眼科1名、内科4名(内1名は角島診療所派遣)で、眼科は専門特化していますが、内科は総合診療医として、外来・入院診療、在宅医療、救急医療(1.5次)、教育、地域包括ケアに従事し、周囲の医療機関や保健・介護・福祉と連携して全人的医療を提供することに心がけています。週1回の院外研修も可能です。医師全員が病院運営や管理に関わりを持っており、風光明媚な環境、清澄な空気の中で地域医療を満喫したい医師を大歓迎いたします!

(更新日 2018年8月1日)