山口県済生会下関総合病院

病院の概要

開設者 社会福祉法人恩賜財団済生会支部
山口県済生会
病院長 津江  和成(出身大学  山口大学)
所在地 〒759-6603
下関市安岡町8-5-1
電話番号 083-262-2300
FAX 083-262-2301
URL https://www.simo.saiseikai.or.jp/
病床数 373床(うち一般373床)
交通手段 JR新下関駅から安岡駅方面行きのバスで15分
山口県済生会下関総合病院

病院の特徴

 当院は平成17年4月に下関市安岡町へ新築移転し、建物は耐震や自己電源の確保を行うなど災害への対応を強化し、診療面では高度医療に対応できるよう機能面でさらなる充実を図っている。急性期の二次救急病院として新たにへリポートも設置し、24時間の救急体制を強化しており、また、地域周産期母子医療センターや小児救急医療拠点病院の指定を受け、山口県西部の基幹病院として診療を展開している。がんの診断や早期発見のために山口県西部地区で初めてPET-CTを導入し、さらに体幹部定位放射線治療が可能なLINAC、2方向同時撮影が可能なANGIO、MRI等の最新医療機器を設置し、高度医療に取り組んでいる。また、他の医療機関との協調体制をとりながら機能を分担し、H23年度には、地域医療支援病院、災害拠点病院、H27年度には地域がん診療連携拠点病院に指定され、地域における中核病院として地域医療連携に積極的に推進している。

診療科目

内科 神経科 整形外科 小児外科 気管食道科 放射線科
呼吸器内科 神経内科 形成外科 産婦人科 皮膚科 麻酔科
消化器内科 心療内科 美容外科 産科 泌尿器科 歯科
循環器内科 アレルギー科 脳神経外科 婦人科 性病科 矯正歯科
小児科 リウマチ科 呼吸器外科 眼科 こう門科 小児歯科
精神科 外科 心臓血管外科 耳鼻いんこう科 リハビリテーション科 歯口腔外科

主な設備

PET-CT、ヘリカルCT2基、MRI2基、LINAC、ESWL、ANGIO、人工心肺、新生児集中治療室(NICU)、人工透析

1日平均入院患者数(平成29年度実績)

376.6名

1日平均外来患者数(平成29年度実績)

853.0名

年間救急件数(平成29年度実績)

8,338件

施設認定の状況

救急告示病院、二次救急指定病院、地域周産期母子医療センター、小児救急医療拠点病院、地域医療支援病院、災害拠点病院、地域がん診療連携拠点病院

研修データ

医師数/指導医数(平成30年4月1日現在)

常勤85名 / 45名

研修医数(平成30年4月1日現在)

1年次9名 / 2年次5名(基幹型  1年次8名 / 2年次5名)

専門医(認定医)制度研修施設

日本内科学会、日本腎臓学会、日本透析医学会、日本呼吸器学会、日本循環器学会、日本心血管インターベンション学会、日本外科学会、日本胸部外科学会、日本呼吸器外科学会、日本整形外科学会、日本泌尿器科学会、日本医学放射線学会、日本産科婦人科学会、日本周産期・新生児医学会、日本小児科学会、日本麻酔科学会、日本耳鼻咽喉科学会、日本形成外科学会、日本手外科学会、日本人間ドック学会、日本がん治療認定医機構

メッセージ(津江 和成 院長)

津江 和成 院長 当院は、17年に下関市郊外に新築移転いたしました。病院は市街地より少し離れましたが、アクセスは新幹線新下関駅にも近く、駐車場も広くなり、シャトルバスの増設などで移転後の外来患者は増加いたしました。またヘリポートの設置や救急体制を充実させ地域の救急医療の対応にも力を入れております。病床稼働は100%近くで運用されており、H19年度より7対1看護体制、さらにH21年度よりDPC対象病院となりました。地域の救急医療荒廃が進む中、当院の地域密着型急性期病院としての役割は大きいと考えております。臨床研修医施設としては、H15年度に指定され、翌年より研修医の受け入れを行っております。当院は熱心な指導医も多く、複数の指導医からきめ細やかな充実した研修が受けられるように配慮しています。また当院は症例件数も多く、研修を通じて確かな技術や知識が身につけられるよう総合的な指導体制がとられております。皆さんが当院で研修していただけるのを心からお待ちしています。

(更新日 2018年8月1日)