光市立光総合病院

病院の概要

開設者 光市長  市川  熙
病院長 桑田  憲幸(出身大学  鳥取大学)
所在地 〒743-0022
光市虹ヶ浜2丁目10-1
電話番号 0833-72-1000
FAX 0833-72-6018
URL http://www.hikari-hosp.jp
病床数 210床
交通手段 光駅から徒歩10分
光市立光総合病院

病院の特徴

 当病院は県東部の瀬戸内海国立公園に隣接し、白砂青松の自然環境に恵まれた光総合病院は、公立病院の使命として最先端の医療機器、設備を積極的に導入し高度先端医療を充実させるとともに、常に迅速かつ的確な対応が求められる救急医療の確立に努めています。

診療科目

内科 神経科 整形外科 小児外科 気管食道科 放射線科
呼吸器科 神経内科 形成外科 産婦人科 皮膚科 麻酔科
消化器科 心療内科 美容外科 産科 泌尿器科 歯科
循環器科 アレルギー科 脳神経外科 婦人科 性病科 矯正歯科
小児科 リウマチ科 呼吸器外科 眼科 こう門科 小児歯科
精神科 外科 心臓血管外科 耳鼻いんこう科 リハビリテーション科 歯口腔外科

主な設備

MRI、マルチスライスCT、体外衝撃波結石破砕、血管X線撮影システム、乳房X線撮影

1日平均入院患者数(平成29年度実績)

134.3名

1日平均外来患者数(平成29年度実績)

348.3名

施設認定の状況

救急告示病院、二次救急指定病院、へき地医療拠点病院

研修データ

医師数(平成30年7月1日現在)

常勤17名


専門医(認定医)制度研修施設

日本外科学会、日本泌尿器科学会、日本がん治療認定医機構、日本消化器外科学会、日本消化器病学会、日本整形外科学会、日本麻酔科学会

メッセージ(桑田  憲幸 病院長)

桑田憲幸 病院長 当院は昭和26年10月光市民病院として開設されました。開設当時は内科、外科、小児科の診療科で一般病床20床、結核病床64床の計84床の病院でございましたが、設立当初より市民の皆様の信頼とご支援をいただき、現在210床の一般病床をもつ病院に成長発展してまいりました。この間、医療機器はMRI、ESWL(体外衝撃波結石破砕装置)、DSA(血管Ⅹ線撮影装置)、ヘリカルCTなどを順次導入いたしました。平成19年7月には一般病棟入院基本料7対1を取得し、平成22年4月から診療報酬の診断群分類別包括評価支払制度(DPC)の適用を受け、平成24年には病院機能評価V6.0を取得いたしました。平成25年6月より病院情報システム(電子カルテ)を導入し、現在に至っております。
当院は、急性期医療を担う病院として、『良質で安全で心温まる医療を提供し、地域の皆様に信頼される病院づくり』という理念を掲げております。今後ともこの理念に基づき、地域の皆様方に“安心・信頼”してご利用頂けますよう、また“安全”を常に心がけて努力してまいりますし、皆様方が満足していただける“良質”で高度な医療が提供できますよう日々研鑽してまいります。
今後とも皆様のご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

(更新日 2018年8月1日)